せきやくしゃみによる痛み 羽生

2022年03月14日(月)

こんにちは南羽生なかむら整骨院院長の中村です

 

最近になり急に気温も暖かくなり春が来たようですね

 

先週から暖かさに比例して花粉も飛ぶようになり日に日に多くなってきてるように

 

思うのは私だけでしょうか

 

3月まではスギ花粉が多く4月からはヒノキ花粉が飛ぶようになるそうです

 

花粉症がの症状は人それぞれですが花粉症によりせきやくしゃみが出る人は多いのでは

 

ないでしょうか

 

せきやくしゃみをする際に気を付けて欲しいのがなるべく勢いよくしないようにしたほうが良いでしょうね

 

勢いよくせきやくしゃみをすると体のいたるところの痛みを発生させてしまう恐れがあるからです

 

勢いよくせきやくしゃみをする事により首、背中、胸、腰を痛めてしまう場合があります

 

ですが自動車事故によるむちうち症状と同じようになってしまうからです

 

せきやくしゃみの際頭を後方から前方に勢いよく動かせる際に痛めてしまいます

 

背中ですが特に多いのが猫背になっている方に多いです

 

肩甲骨に付いている筋肉を繰り返しのせきやくしゃみにより急激に収縮と弛緩を繰り返して痛めてしまいます

 

ですがせきやくしゃみを大きくしたり繰り返し行う事により場合によって肋骨骨折を起こしてしまう場合があります

 

大きなせきやくしゃみでも発生しますが肋骨骨折の場合骨折の中では一番多く発生しやすいのが特徴で

 

弱い力(せきやくしゃみ)が繰り返して肋間筋などに負荷が加わりヒビが入り疲労骨折にもなりやすいです

 

ですが実体験や話を聞いた方も多いのはないでしょうか

 

せきやくしゃみをする事により腹圧が急激にかかりそれにより腰にも急激に腹圧がかかる事により

 

負担がかかり腰の痛みを発生させてしまいます場合によっては高齢者の場合圧迫骨折も

 

おこさせてしまうかもしれません

 

せきやくしゃみをされる際には十分に注意が必要ですね

当院では急なケガ交通事故治療むちうちに力を入れています

交通事故に遭われてしまった場合や運動中のアクシデント、急に転倒してしまった場合

肩が外れた場合、子供の肘が抜けてしまった場合、重い荷物を持ち上げてギックリ腰に手動けない場合など

早期に治療を開始することにより早く痛みを取り除く事ができ又後遺症を防ぐ事も出来ます

時間外でも対応させて頂きます。お問合せ下さい

048-563-1575

※但し院長勉強会等不在時などは電話対応になる場合もございますのでご了承ください。

※体調がすぐれない方や咳が出る方又は37℃の発熱がある方の施術はお断りさせて頂く場合がありますので

  ご注意下さい。

 

  |  

過去の記事