交通事故治療

南羽生なかむら整骨院の交通事故施術

1 急な交通事故など、24時間対応。

急なケガ(むちうちなど)、早期に治療を開始することにより後遺症を防ぎます。

2 交通事故の施術にかかる費用は0円です。

交通事故による施術は例外を除き、自賠責保険の適用となり患者様の負担なく、治療を受けられます。

3 面倒な保険会社との示談交渉などもお任せ下さい。

交通事故にあってしまいどのように対応してよいかわからない方などご相談下さい。

4 レントゲンで異常がなかった方も安心。

レントゲンで骨に異常がないと言われたが痛みがある場合、細かい靭帯や筋肉の繊維が傷つき痛めていることが多くあります。原因がわからない症状などご相談下さい。

5 転院・整形外科との併用も可能です。

病院、整形外科、整骨院に通っているが、なかなか良くならない方、時間が合わず通院できない方などで、転院したい方や、病院、整形外科に通院しながら並行して施術を受けることができます。

6 受付時間が朝8時~夜20時、土、祝日も受付。予約優先制なので病院と比べて通院しやすい。

仕事、家事など忙しい方でもご来院頂けるように予約優先制で待ち時間の短縮できます。予約をしていない方でも対応致します。

※事故後の対応から治療まで専門スタッフが患者様の不安を一括サポート致します。

このようなお悩みありませんか?

  • 病院でレントゲンや検査で骨に異常がないと言われたが症状が改善しない。
  • 湿布やお薬で治療しているが症状が変わらない。
  • 事故直後は痛みもなかったが後から痛みが出てきた。
  • 頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気、手足の痺れ、不眠、握力の低下。
  • 天候の変化(気圧)や、気温、湿度などによって体調の変化がありつらい。
  • 日によって症状が良かったり悪かったり繰り返してしまう。
  • 午後(夕方)になると症状がつらくなってしまう。
  • 軽い作業や仕事をすると症状が悪くなってしまう。
  • 体勢を変えたり何もしてなくてもつねにつらい。

もし交通事故にあってしまった場合

1%e3%81%93%e3%82%99%e8%87%aa%e8%ba%ab%e3%81%8b%e3%82%99%e3%80%9c

1ご自身が動ける状態か、痛くなっている所がないか、現在どういう状況なのか、車から車道に出て危険でないか周囲の状況を確認して下さい。場合によっては、すぐに救急車を手配して頂きましょう。

2%e8%ad%a6%e5%af%9f%e3%81%ab%e3%80%9c

2警察に連絡。届出がない場合警察が介入しないので、被害者が不利になる事があります。加害者に警察は入れないでほしいと言われても、応じないようにしましょう。必ず警察を呼んで現場検証を行ってもらうようにしましょう。

※その場で示談・口約束は絶対に行わないようにしましょう。(こちらで費用は持ちますなどあとで言った言わないなど、もめるケースが多いです)

%ef%bc%93%e5%8a%a0%e5%ae%b3%e8%80%85%e3%80%9c

3加害者の運転免許証、車検証など見せてもらい、メモをとりましょう。

メモ内容

  1. 事故の日時
  2. 場所(事故現場の住所)
  3. 相手の住所・氏名・連絡先(携帯電話・自宅の電話番号)
  4. 相手の登録ナンバー
  5. 届出警察署・担当警察官氏名
  6. 目撃者の氏名・連絡先
  7. 相手の保険会社の連絡先
4%e4%ba%8b%e6%95%85%e7%99%ba%e7%94%9f%e3%80%9c

4 事故発生後は直ちに事故の場所(住所)、事故内容を保険会社に連絡しましょう。

5%e4%ba%8b%e6%95%85%e7%9b%b4%e5%be%8c%e3%81%af%e3%80%9c

5事故直後は痛みを感じない方も多くいますが、必ず病院での診察を受け、わずかな痛みなども伝えることが重要です。レントゲンなど精密検査を受けてください。1、2日後に急に症状が現れることもあります。自賠責保険では、事故後1週間以上経過した症状に対しては事故との因果関係がないと言われてしまうことが多くあり治療を受けられない場合があります。

6%e7%97%85%e9%99%a2%e3%81%a6%e3%82%99%e3%81%af%e3%80%9c

6病院では、シップやお薬などの治療だけでなかなか改善がみられない方は、ぜひ当院にて、お話を聞か せて下さい。保険会社に「当院での通院します」と伝えて、当院の住所等をお知らせ下さい。急に交通事故にまきこまれてしまうことが多く、その為初診時は24時間対応いたします。(院長勉強会等で対応できない場合もあります。その際は電話対応となります。)

お問い合わせ お問い合わせフォームはこちら

過去の記事